ぎっくり腰のサポートグッズ

ぎっくり腰のサポートグッズ

ぎっくり腰の予防や回復期には、サポートグッズがおすすめです。

介護の仕事で腰に負担がかかる人は、コルセットやベルトを使って腰を保護し、サポートしますをしていますよね。コルセットやベルトを装着すると腰への負担が減るため楽になります。コルセットやベルトといったサポートグッズは、腰を使う仕事や主婦には役立ちます。


人気のサポートグッズ


サポートグッズは、腰周辺の骨格や筋肉の保護に役立ち、しかも腹直筋のある辺りや腹圧を上げる効果も得られます。また、ぎっくり腰になったときも、コルセットなどのサポートグッズで腰を保護することは応急処置として必要です。ぎっくり腰の痛みを解消させるグッズとしても必須のアイテムになります。

さらに、サポートグッズの効果によって姿勢の矯正や、腰を温めることもできるため、ぎっくり腰の回復期にも役立ちます。

女性の場合は、ガードルやボディスーツを着用することで、サポート効果も高まります。実際、ガードルやボディスーツにコルセット的な効果を付随させた骨盤矯正の下着も出ています。骨盤矯正のサポートグッズは、腰痛やぎっくり腰予防にも役立ちます。

サポートグッズの購入の仕方

コルセットやベルトといったサポートグッズは、ドラッグストアでも売られています。大衆商品として価格も手頃なのですが、安いサポートグッズは、耐久性が悪かったり、圧着に無理があったりして、かえって腰の筋肉を弱めてしまうことがあります。

サポートグッズは、できれば高機能なタイプがおすすめです。優れたサポートグッズは、なかなか近くのお店に置いていないこともあります。ですが、ネット通販には、多くの種類もあって、かえって選択に迷うくらいです。

ネット通販でサポートグッズを購入するときは、自分の体型やお肌の状態に合うものを選ぶことですね。返品受付をしてくれるネットショッピングが多いのですが、返品は煩わしいですので、ネットのクチコミ情報や、評判をチェックするとよいかもしれませんね。

あと裏技的な購入の仕方として、まず、実際のお店へ行って、そこで試着して具合を確かめます。納得できたら、価格の安いネット通販で、そのサポートグッズを購入するやり方があります。これなら、気に入らなかったり、合わないからといって返品することが無くなります。あと、サポートグッズをぎっくり腰の予防のために毎日使う場合は、素材や洗濯の可否も調べておきましょう。

★腰痛予防と痛み解消のサポートグッズ カタログはこちら★


サポートグッズの知られざるデメリット

しかしサポートグッズでぎっくり腰の予防をする場合、デメリットが一つあります。
サポートグッズは、確かに腰痛やぎっくり腰を予防し、痛みを緩和させてくれるのですが、知られざる意外な欠点があります。

それは、サポートグッズを多用していると、次第に腰の筋肉が弱ってくるということです。
確かに、サポートグッズは腰痛の対策になります。
しかし目先の対策であって、根本的にぎっくり腰の予防や対策にはなり得ません。
数日、腰をサポートする目的で使用するならいいのですが、長期間にわたって、毎日使用し続けると、確実に腰の筋肉が弱ってきます。
腰の筋肉が退化すると、確実に腰痛やぎっくり腰を発症するようになります。
ぎっくり腰を予防し対策するには、サポートグッズを多用しないで、腰の筋肉をトレーニングして強くかつ柔軟にすることが大切です。

ですので、サポートグッズでぎっくり腰の予防をするのではなく、自宅でできるストレッチ体操が、実は一番のおすすめになります。

こちらの方法は、DVDで自宅で見ることができ、しかも簡単なストレッチですので、おすすめできます。
ぜひとも、ぎっくり腰の予防や対策に、ご覧ください。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★