ぎっくり腰予防のマッサージ

ぎっくり腰予防のマッサージ

腰周辺の筋肉をマッサージしてリラックスさせて緊張を取り除くと、ぎっくり腰の予防ができるようになります。また、腰の筋肉が柔軟で、無理な力が入らず脱力傾向であると、筋肉の中の血管も柔軟になり、血行も良くなり、血流も多くなって筋肉が健康に発育していきます。この結果、腰痛やぎっくり腰を予防ができるようになります。

マッサージをすると、よりいっそう血液の巡りがよくなっていきます。ですので、マッサージは、ぎっくり腰の予防から腰痛の解消、肩こりの治療にも効果が出てきます。

ここでは、ぎっくり腰予防に効果が高く、腰周りの筋肉をほぐすのにぴったりのマッサージを二つご紹介しましょう。どちらも、椅子に座った状態でもできるので、仕事や家事の最中、また寝る前にも簡単に行えます。

腰痛・ヘルニアが治り、ぎっくり腰の予防もできるおすすめの「ストレッチ体操」


らせんマッサージ

らせんマッサージのやり方は次の通りです。

1.まず、右手か、左の手の親指と人差し指で輪を作りながら手を軽く握り、筒状にします。

2.その手で作った「輪」を背中に当てます。できるだけ背骨の上に置くようにします。

3.背中から腰へ下げながら、背骨を「らせんを描き」ながらマッサージしていきます。

4.もしも片方の手が疲れたら、もう一方の手で輪を作って、同じように背骨を下降させながららせんマッサージをしていきます。

5.2〜3分くらい行います。

このらせんマッサージは、ぎっくり腰の予防に効果があります。

和凧マッサージ

和凧マッサージのやり方は次の通りです。
こちらは仰向けで寝て行います。ぎっくり腰の回復期にも効果のあるマッサージです。

1.まず胸を張り、姿勢をタダします。姿勢を正すといっても力んではいけません。

2.そして、両手の親指を腰に当てて、しかも、腕のひじを横に張り出します。このときの姿勢は和凧のような形になります。

3.親指に力を入れて、腰を4〜5回もみ押します。

4.腰を押しながら、そのまま太ももまで下げていきます。
このとき、ひじを張った状態はキープしながらマッサージしていきます。

5.腕が伸びきるところまでマッサージをしたら、今度は逆に太ももから腰に上げてマッサージしていきます。

6.3三往復行うと、腰の周辺が温かくなります。また肩の凝りも取れます。

以上の二つのマッサージを時間があるときにでも行えば、ぎっくり腰の予防につながります。日々のちょっとした工夫で、ぎっくり腰は簡単に予防ができるものです。

なお、ぎっくり腰の予防だけでなく、様々な腰痛を予防できるストレッチやマッサージの仕方があります。
DVD式で、自宅でできるすぐれた方法です。
ぜひともお試しください。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★