ぎっくり腰と似た整形外科疾患

ぎっくり腰と似た症状(整形外科疾患)

ぎっくり腰の症状に似た腰痛に、整形外科疾患があります。
整形外科疾患とは、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、脊椎圧迫骨折といった症状になります。
痛い腰痛を発症させる疾患のなかには、その症状が短期間に重く発症し、ぎっくり腰と似た激痛に悩まされることもあります。

したがって、ぎっくり腰だと思って安静にしていても腰の痛みが収まらない場合や、しびれの症状が続く場合は、整形外科疾患の可能性が出てきます。ですので、自宅で寝て安静にして治療するのではなく、整形外科などの病院の診察を受けて治すようにしたほうがいいでしょう。
そこで今回は、ぎっくり腰に似た症状を引き起こす整形外科疾患についてお話しいたします。

各種の整形外科疾患を自分で治せるおすすめの治療法


腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは脊髄を収める脊柱管が狭くなることで、脊柱管の中にある神経を圧迫する症状です。腰や脚に痛みとしびれ、麻疹の症状が出てくるのが特徴です。
腰部脊柱管狭窄症はぎっくり腰に似た症状となる整形外科疾患になります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはぎっくり腰に似た整形外科疾患で、もっとも多い症状です。
椎間板とは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションのように弾力性を保ちながら骨格を支えている重要な軟骨になります。この椎間板が外側の繊維を突き破って、飛び出してしまう症状を椎間板ヘルニアといいます。

背にを飛び出した椎間板は、周辺の神経を刺激して圧迫することで痛みが出てきますが、これがぎっくり腰と大変四区にた激痛が起き、しかも脚や腰にかけてのしびれの症状も出てきます。
椎間板ヘルニアはぎっくり腰に似た整形外科疾患です。

医師の中dも、椎間板ヘルニアの初期症状をぎっくり腰と誤診することすらあります。
それくらい椎間板ヘルニハとぎっくり腰は大変よく似た症状を発症する整形外科疾患ということです。
ぎっくり腰になっても、なかなか痛みがひかない場合は椎間板ヘルニアの可能性もあります。

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症もぎっくり腰と大変よく似た整形外科疾患の一つです。
腰椎分離すべり症は、腰椎の連なりから外れてしまい、前方にズレてしまう腰痛です。

腰椎が本来の位置から移動していなうため、腰痛周辺の筋肉や神経に抵触し、腰と脚にしびれや痛みが生じるようになる整形外科疾患です。

脊椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折は、ケガや骨粗鬆症が原因で、脊椎の骨が押し潰されて変形する整形外科疾患です。押し潰された腰痛の周辺の筋肉や神経は、刺激を受けて炎症を起こします。このためぎっくり腰と似たような激痛やしびれの症状がでてきます。

脊椎圧迫骨折は通常の骨折と違って、一度潰れてしまうと再生しないため、圧迫された状態で骨が固定するのを待つしかありません。初期の脊椎圧迫骨折の症状は、ぎっくり腰に似ていますので誤診もしやすくなります。しかし脊椎圧迫骨折は、痛みが長期化するため、ぎっくり腰と思っても痛みやしびれがなかなか引かない場合は脊椎圧迫骨折の可能性も出てきます。

ほかにぎっくり腰に似た整形外科疾患には、悪性腫瘍や化膿性脊椎炎の疾患が原因で起きる症状もあります。

ぎっくり腰にならないために

以上のようにぎっくり腰に似た整形外科疾患の症状をご説明しました。
脊椎圧迫骨折以外の症状は、日頃のストレッチ体操で予防ができますし、症状を発しても自宅で改善できる方法も最近はあります。ぎっくり腰予防をかねて効果の高いストレッチ体操を行うことをおすすめいたします。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★


ぎっくり腰と似た整形外科疾患関連ページ

ぎっくり腰と似た内科疾患