ぎっくり腰と似た内科疾患

ぎっくり腰と似た症状(内科疾患)

ぎっくり腰に似た症状を発症する原因に内科疾患である場合があります。
ぎっくり腰と同じようなつらい腰痛が内科疾患に原因があるケースもあるということです。ぎっくり腰と似ている症状には、整形外科が扱う疾患もありますが、内臓の疾病が原因で発症することもあるわけです。

ですので、最初は激痛で襲われてぎっくり腰と思っていた症状も、安静していても症状が全然改善しない場合や、痛みがひかず、相変わらず激痛に襲われることが続く場合は、内科疾患の可能性が考えられます。

内科疾患の場合は、内科だけでなく、外科も含めた総合的に診察をしていって、病根を探していく必要がでてきます。また女性の場合は、内科疾患以外に、婦人科系の疾患の可能性もあるため、産婦人科での診察も必要でしょう。

身体の歪みや変調の改善が自分でできるおすすめの「ぎっくり腰対策ストレッチ」


ここでは、ぎっくり腰に似ている内科疾患について、代表的な症状をご説明いたします。
ぎっくり腰と同様に腰に激痛を生じる内科疾患には、痛み方の特徴もありますので、症状とあわせえ憶えておくといいですね。

・腰から背中に上っていく痛み、腰からわき腹にかけての痛みのある症状
…腎結石、急性腎盂腎炎、総胆管結石、胆嚢炎。

・腰の高い位置を中心とする痛みのある症状
…胃潰瘍、急性胃炎。

・背骨に沿って首すじから腰まで突き抜ける痛みが出る症状
…くも膜下出血、心筋梗塞。

・腰痛と同時に腹痛があって、心拍と同じリズムでる痛みのある症状
…急性大動脈破裂、腹部大動脈瘤。

・下腹からの痛みが腰や背中に伝わる痛みの症状
…腎結石、膀胱炎、尿管結石、遊走腎、前立腺がん。

・腰に重みを感じる痛みの症状
…子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん。

・体の外側に痛みを感じる症状
…ヘルペス、帯状疱疹、神経痛。

以上が内科疾患による腰の激痛を引き起こす代表的な症状です。
このほか、甲状腺機能低下症や自律神経失調症の症状として、つらい腰痛を発症する場合もあります。
また、更年期にさしかかった女性や高齢者には、慢性的な腰痛が起きていることがあって、病気の早期発見が遅れてしまうケースもあります。
つらい腰痛が起こったときには、ぎっくり腰というほどの激しい痛みでなくても、内科疾患の可能性もありますので、早めに病院へ行くとよいですね。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★


ぎっくり腰と似た内科疾患関連ページ

ぎっくり腰と似た整形外科疾患