ぎっくり腰〜動けないときの応急処置

ぎっくり腰〜動けないときの応急処置

ぎっくり腰でグギッとなった直後は、全くといっていいほどけません。
突然襲ってきた激しい痛みは衝撃性が強く、自分に何が起きたのかすら分からず、気が動転する人が多いようです。このときぎっくり腰の応急処置をしようと慌てて体を動かしたりしてはいけません。
慌てて、体を動かそうとする人もいますが、動いてはいけません。
そもそも顔の向きを変えたり体を支えようとして腕を伸ばそうとするだけでも、新たな激痛が走ります。

ぎっくり腰になると、動くだけでも激痛に襲われます。ですので、体を無理に動かしてはなりません。腰に炎症が起きていますので、応急処置としても動かさないのが最善です。

ぎっくり腰を再発させない予防効果の高い「ストレッチ体操」


もしも地面に倒れ込んで動けなくなったり、壁に寄り掛かるようにして体がずり落ちていても、しばらくはそのまま動かさずにじっと辛抱です。

ぎっくり腰になって少し時間が経つと、呼吸がようやく普段通りにできるようになります。最初の衝撃がおさまれば、気持ちも落ち着いて会話ができるようになります。

ぎっくり腰では、一段落して落ち着いた段階で、周囲の助けが求められるなら、人を呼んで横になれる場所まで運んでもらって応急処置をするのがおすすめです。

ところで気持ちが落ち着いて自分の状況が客観的にわかってくると、今度は羞恥心が出てきて、平気なふりをする人もいます。けれども、無理に平然さを装ったり、歩こうとするとさらに激痛に襲われ、症状も悪化させます。ですので、動かないで安静にしましょう。またぎっくり腰の応急処置としては「動かさない」がベストになります。

またぎっくり腰になったときは、平気な振りをして格好を付けてはいけません。痛いにもかかわらず元気なフリをするのは、治療を遅くします。恥ずかしいとか思って、周囲の人に助けてをもらわないのはよくありません。周囲の助けをいただきましょう。

なお、一人でいるときにぎっくり腰になってしまった場合も、最初の激痛が過ぎ去るのを待ち、収まったところで家族や友人に連絡をするのがおすすめです。

その場で体を横たえることができれば、横向きに寝て体を丸めましょう。その姿勢を保持していると次第に痛みが和らいでいきます。

なお、ぎっくり腰は命にかかわるケガや病気ではないので、ぎっくり腰になったときが危険物の取り扱い中であるとか、何か特別なケースを除き、原則として救急車での救援対象とはなりません。しかしそうはいっても、ぎっくり腰は痛いですので、応急処置が済んだら119番するのもいいでしょう。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★