ぎっくり腰〜立てるようになったら

ぎっくり腰〜立てるようになったら

ぎっくり腰になり二日半くらい経つと、一人で物につかまって立てるようになってきます。
二日目の夜くらいからは、誰かの助けは得ないで、トイレに行くときは柱につかまりながらでもゆっくりと立ち上がるようにしてみてください。

立てるようになったからといっても、歩くのが大変な場合は、家族に腰を支えてもらうといいでしょう。
立って動いても、ぎっくり腰の痛みがそれほどひどくないなら、ゆっくりと何かにつかまりながら歩いてみましょう。かなり歩けそうな気がしてくると、両手を離して歩きたくなるものです。けれども、今は辛抱してください。

ツライぎっくり腰をもう二度と再発しないためのおすすめ「ストレッチ体操」


なお立てるようになったからといっても、トイレへの行き来くらいの距離であっても油断してはなりません。なぜなら、ぎっくり腰でダメージを受けた腰への負担は、自覚できなくても大きいからです。立てるからといって安心しないで、トイレに行く際も壁に手をつきながら歩行するようにしてください。

なお、壁へのつたい歩きが無理なくできるならば、体重がかけられるテーブルや椅子につかまって、ひざの屈伸運動をしてみましょう。ひざを軽く曲げ伸ばしをしてみることです。

最初はわずかに曲げられる程度から屈伸運動を始めます。そうして、だんだんとひざを曲げる角度をつけていきます。腕にかかる体重が少し軽くなる感じがするなら、手を離して立ってみましょう。
支えがなく両脚で立ってみましょう。もしもぎっくり腰にズキッと痛みが走らなければ、足の位置を動かして体の向きを変える練習をしてください。

立てるようになって、左回り、右回りというようにスムーズに回転運動ができるようになったら、歩く練習をしてみましょう。
最初は歩幅は大きくしないで狭くしていきます。能のようにすり足のような足の運びで歩くのがいいでしょう。これくらいの歩行ができると、ぎっくり腰から三日目経つと、痛みはスーっと引いていくようになります。

なお、歩行練習ができるレベルになるとぎっくり腰の炎症はおさまっていることが多いため、腰を冷やす湿布を貼ったりする必要はありません。冷やす代わりに、脚の付け根を温めるようにして、体の血行をよくするように務めてください。

そうしてカイロプラクティックや整体、または効果のあるストレッチ体操でぎっくり腰を完全に治すようにしましょう。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★