ぎっくり腰〜「コルセット・保護」による応急処置

ぎっくり腰〜「コルセット・保護」による応急処置

ぎっくり腰になった場合、大変な激痛に襲われますが、その痛みを多少なるとも緩和させるためには、「腰を保護して安定させる」という応急処置が大切です。これはコルセット代わりとなる方法です。
コルセットや専用のベルトで動かないように固定して保護することができれば、それがベストの応急処置とえいます。けれども、ぎっくり腰は予想しない時に発症しますので、手元にコルセットやベルトは無いものです。コルセットやベルトが近くに無い場合は、家庭にある物や、身近にある物を使用して、腰を保護してコルセット代わりとする応急処置がおすすめです。今回は、家庭にある物を使った腰を保護できる代理コルセットの仕方をご紹介します。

コルセットを使うことが無いぎっくり腰予防に効果の高い「ストレッチ体操」


バスタオルを使った保護(コルセットの代わり)

バスタオルはコルセット代わりに使用して応急処置ができます。
やり方は簡単で、少しきつめに腰に巻きつけるようにしてバスタオルを巻きます。これでコルセットの代わりになります。風呂上がりに腰にバスタオルを巻きますが、こういった感じで巻きればコルセット代わりになります。

バスタオルのサイズが小さい場合は、三角に折って斜めのラインを腰に巻きつけるようにします。そうして、結び目は作らないで洗濯バサミで落ちないように止めます。バスタオルで腰を保護してコルセット代わりにするのは簡単な方法です。意外とバスタオルをコルセットの代用品として保護することは、ぎっくり腰の痛みを緩和させることができます。

ラップを使った保護(コルセットの代わり)

ラップ使用してコルセットの代用品となる保護のやり方もあります。
ラップで保護する場合は、ぐるぐる巻きにします。下着の上からでもかまいません。ラップを腰をぐるぐるっと巻き付けて、動かないように保護することでコルセット代わりとなって腰の痛みが和らぎます。
ただしトイレに行くときが少し大変です。トイレに逝く場合や、あるいはお風呂に入る場合、何度もラップを腰に巻き付けるのは大変ですよね。
そこで、ラップを取り外す場合、まず、ハサミで縦に二つに切ります。そうして、風呂に入ったり、トイレで用を足します。終わったら、二つに切ったラップを、ガムテープで貼り付けます。こうすることで、腰に巻いたラップを何度も再利用することができます。いわばコルセットの分割です。
ラップによるコルセットで腰を保護する応急処置は、簡単な方法ですが、ぎっくり腰の痛みを緩和できるおすすめのやり方です。

ビニール袋を使った保護(コルセットの代わり)

ゴミ用の大きなゴミ袋がありますが、このビニール袋をコルセット代わりに使い腰を保護することもできます。
やり方は簡単で、バスタオルと同じ要領で行います。まず三角に折って、斜めのラインを腰に巻いてコルセットにして保護していきます。非常に簡単な腰の保護法ですね。また、ビニール袋以外にも、和服で使う下帯や、子どもの浴衣用の帯も使用できます。これらもコルセットの代用となります。

保護による応急処置

これらはコルセットの代替となる簡易式の方法です。外出先でぎっくり腰になった人を助ける応急処置にも役立ちます。ポイントはぎっくり腰になった腰を保護することです。コルセットの代わりとして使用ができます。ポイントは動かさないで固めることになります。

ぎっくり腰になった人の体を動かそうとすると非常に痛がって大変なので、まず先に腰を保護して、少し休ませてあげるとよいですね。

なお、上記の応急処置は、ぎっくり腰だけでなく腕や脚の捻挫、骨折の応急手当としても活用できます。コルセットの代替品として身近にある物を利用してのこその保護の仕方は、いろいろな場面で応用できます。知っていると何かと重宝します。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★