ぎっくり腰の手術

ぎっくり腰の手術

ぎっくり腰は急性腰痛症ととらえることもできます。急性腰痛症は急激な炎症による腰痛ですので、ぎっくり腰の治療では原則的に手術をすることはあり得ません。

しかし、ぎっくり腰と同様の激しい痛みが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性脊椎症を原因として起こることがあります。こういった症状を発症している場合は、ぎっくり腰の治療ではなくなります。一般に、保存療法や代替療法、ブロック注射での治療を行います。そうしてこれらの治療ですら改善しないとき、手術が検討されはじめます。

ぎっくり腰から、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、脊柱管狭窄症といった腰痛が生じた場合、手術が必要となることもあります。しかし、手術は、痛みを完全に解消することができる一方、腰周辺の筋力低下という代償を必要とすることもあります。

また、手術における入院中の仕事や費用の心配等、経済面および精神面での負担もかかります。
そして、手術の場合、すべての人に期待通りに完全治療できるという保証もありません。ですので、手術をするかどうかについては医師との十分な相談と慎重な検討が必要です。

手術をしなくても腰痛・ヘルニアなどを治すならこの方法


ぎっくり腰がひどくなって他の腰痛になった場合の手術には、次のような方法があります。

レーザー治療(PLDD)

レーザー治療(PLDD)の手術では、椎間板内の髄核をレーザーで取り除き、突出髄核を引き戻します。
手術の所要時間は約15分〜30分で入院する必要は要りません。けれども、保険適用外の手術となるため治療費に数十万円はかかります。

LOVE法

LOVE法の手術では、全身麻酔をして背中を数センチ切開し、腰椎の一部削除と突出髄核の摘出をします。
手術の所要時間は約30分〜1時間を要します。また、二週間〜一か月程度の入院も必要となります。

PN法

PN法といわれる手術は、局所麻酔をしてから、背中から細い管を通し、突出した髄核を取り除きます。
PN法は後遺症を発症する危険性が少ない手術として実績はあります。また健康保険が適用されるため治療費も安くなります。手術の所要時間は約一時間です。また入院は不要で、せいぜい一泊程度の短期入院で手術が終わります。

MED法

MED法とは、内視鏡を用いて、腰の周辺組織を切開する手術です。切開部分が1.5センチという小さい大きさなので、腰への負担が少なく、手術後の回復は早くなる特徴があります。MED法は1995年から米国で行われている比較的新しい腰痛手術です。

ぎっくり腰は手術はしないで、炎症が治まれば治る腰の痛みですが、ぎっくり腰から腰痛に進展し、ひどくなったときには、上記のような手術が必要となることがあります。
しかし下記のマニュアルの方法を行えば、手術をしないで腰痛を改善できます。おすすめの方法です。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★