ぎっくり腰の湿布薬

ぎっくり腰の湿布薬

ぎっくり腰を発症してから二〜三日間は、腰と周辺を湿布薬などで冷やすことがおすすめです。湿布薬で冷やすことによって炎症を鎮めることができるからです。ぎっくり腰の症状にもよりますが、湿布薬を使用するのはおすすめです。

冷感タイプの湿布薬

ぎっくり腰の痛みがまだ激しくて冷却している間は、湿布薬ももちろん冷感タイプのものを使用します。
冷感タイプの湿布薬には、血液の流れを緩やかにして、ダメージを受けた部分の炎症を鎮め、痛みを緩和する薬効成分が配合されています。

なお、冷感タイプの湿布薬効果にある清涼感は、メントールによる感覚的なものであって、実際に皮膚を冷やす効果はないため、ぎっくり腰の炎症を緩和させる効果は期待できません。単に冷やすことが目的ならば、冷却パッドを使うだけで十分です。

温熱タイプの湿布薬

痛みがかなり緩和されて腫れや熱もない場合は、ぎっくり腰になってから三日目の夜頃から、温熱タイプの湿布薬にチェンジするとよいですね。

温熱タイプの湿布薬は、消炎・鎮痛作用のあるサリチル酸グリコールを主成分として、ノニル酸ワニリルアミドの皮膚を刺激して血行を促進する働きをする成分を配合したものが多いようです。ただし、温熱タイプの湿布薬は、ぎっくり腰を起こした直後から二日目は使用してはいけません。ぎっくり腰の直後は、冷感タイプの湿布薬を使用しないと炎症は引きませんのでくれぐれも注意してください。

ぎっくり腰の回復期に入ったら、腰や下半身の血行を良くすることで、痛みの解消と回復のスピードアップをはかることができます。ですので、血行をよくする温熱タイプの湿布薬がおすすめになるわけですね。

大判の湿布薬は、そのまま腰にベタッと貼り付けるのではなく、剥離シートのはがしやすい方向で縦長にカットしてして横向きに並べて貼ると、皮膚につっぱった感じがしなく、違和感なくぎっくり腰の湿布薬として使用できます。

なお、皮膚が弱くて湿布を使用するとかぶれてしまう人は、湿布薬とほぼ同じ成分で液状タイプのものを使うとよいですね。薬効成分が多く配合されたロールオンタイプの湿布薬もあります。

湿布薬はぎっくり腰の症状回復に合わせて使い分ける

このように、ぎっくり腰になった場合、症状の回復に応じて、冷感タイプと温熱タイプの湿布薬を使い分けてください。使い分ける際の判断のポイントは、ぎっくり腰になった二日目の夜です。正確に言えば、ぎっくり腰の痛みが引いてきたときが、冷感タイプから、温熱タイプの湿布薬に切り替えるタイミングとなります。

湿布薬を使う上で、使い分けの判断は大切なことですので、間違えることがないように注意してください。

しかしこちらのマニュアルには、病院へ行かなくても自分で自宅で腰痛を治せる方法がわかります。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★