ぎっくり腰を接骨院で治療

ぎっくり腰を接骨院で治療

ぎっくり腰で接骨院を利用する場合、初期の炎症を鎮めるためではなく、ぎっくり腰の症状がおさまり、回復期における補助的な治療としてたほうがいいでしょう。

接骨院でぎっくり腰の治療を受ける場合、再発防止に利用するほうが効果が期待できます。
もしも、ぎっくり腰になってから、1〜3日の間に安静治療をしていても、激しい痛みがなかなか引かない場合は、接骨院ではなく、整形外科で骨の異常などを検査してもらったほうが確実です。

接骨院では、触診や目視、直感で身体の異常や変調を調べていくことが多いため、精密な検査となれば、整形外科がやはりおすすめです。

接骨院が得意とすること、整形外科でしかできない治療をきちんと分けて、賢く医療機関を利用しましょう。ぎっくり腰をして痛みがなかなか引かず、整形外科で検査を受けても、脊椎自体に異常が無ければ、今後の再発防止のために、接骨院での治療を受けましょう。

接骨院では、ぎっくり腰になった後の腰の保護方法は得意とするケアです。また再発防止や、慢性的な腰痛の解消も得意とする治療になります。

また、コルセットの付け方、痛み解消の矯正テープは、己流で施術するよりも、接骨院で指導を受けたほうが、より効果が高まります。特にテーピングは、素人が巻くのと、プロの接骨院で巻くのとでは違います。テーピングは巻き方と力加減にコツが要りますので、自己流ではしないで、接骨院で治療してもらったほうがいいでしょう。

なお、接骨院で行われるほとんどの治療には各種保険が適用されるため、費用負担の心配は少なくて済みます。保険が適用されることは、ぎっくり腰を接骨院で治療するメリットともいえます。

接骨院に行くよりもおすすめなぎっくり腰・腰痛・ヘルニアを治す方法はこちら

接骨院について

ところで接骨院で施術されている治療方法は、日本古来の古武術の影響も受けています。剣術や柔術といった武道の関節技などが接骨治療として導入されて、医術として確立していった歴史があります。接骨治療のルーツは、まさに日本独自の医療技術といっていいでしょう。

接骨院は古くからは「骨つぎ」と呼ばれていました。奈良時代から大衆で行われいた民間療法の一つでした。昔からぎっくり腰の治療法もありました。

現代の接骨院では、東洋医学における漢方的な手法や、西洋医学の最新の技術やホメオスタシーの理論も取り入れて、従来の接骨院とは趣を変えた医療行為もされています。また低・高周波を利用した超音波医療機械をはじめとした電子医療機器を積極的に導入し、ぎっくり腰などの身体の疾病に対して、現代的な手法で治療も行っています。

接骨院は、ぎっくり腰の治療だけでなく、腰痛全般から骨折、または原因不明の病気を治療する補助的医療として、民間療法の地位を確立しています。

ちなみに接骨院が取得する「柔道整復師」は国家資格になります。柔道整復師は、解剖学や生理学への造詣が深いという特徴があります。

なおぎっくり腰をはじめ、腰痛の治療には、こちらの方法がおすすめです。治療実績の多いやり方になります。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★