ぎっくり腰の内服薬

ぎっくり腰の内服薬

ぎっくり腰の治療では、症状によって鎮痛作用、抗炎症作用、消炎作用、筋弛緩作用、解熱作用のある内服薬が処方されます。

ぎっくり腰治療に効果のある代表的な処方薬には、次のようなものがあります。

ステロイド性消炎鎮痛薬

【具体的な内服薬】ロキソニン、モービック、ボルタレン、ナボールSR。

非ステロイド性消炎鎮痛薬は単に「鎮痛剤」とも言われることがありますが、ぎっくり腰による筋肉の炎症から生じる痛みに対する効果の高い薬剤として認められています。

非ステロイド性消炎鎮痛薬には解熱作用もあって、ぎっくり腰だけでなく腰痛のすべてと、身体全体における消炎鎮痛にも幅広く使用されている内服薬になります。主に錠剤となって販売もされています。

ただし、非ステロイド性消炎鎮痛薬は効果が非常に高い作用があります。しかし胃痛、食欲不振、胸やけ、下痢といった副作用を引き起こすことがあります。ぎっくり腰になったときは手っ取り早く痛みを解消したくなりますが、もともと胃腸の弱い人は、医師と相談した上で、非ステロイド性消炎鎮痛薬の内服薬を服用されることをおすすめいたします。

ステロイド剤を一切使用しないで腰痛を治す方法とは?


筋弛緩薬

【具体的な内服薬】ミオナール、リンラキサー。

筋弛緩薬は、文字通り、ぎっくり腰で炎症を起こした筋肉の緊張を解いて、それによって痛みを解消する治療薬です。内服薬としても服用ができます。

ぎっくり腰による痛みが、炎症によるものだけでなく筋肉のこわばりが原因となっていると診断される場合には、筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬を内服薬として処方もされます。

内服薬の亜種〜食材でぎっくり腰の痛みを治す

なお、内服薬を服用せずにぎっくり腰の痛みを緩和したい人は、消炎作用や抗炎症作用のある食材やハーブを利用するとよいですね。これも一種の内服薬として考えられます。

消炎作用や抗炎症作用のあるハーブ

ウコン、カンゾウ、カモミール、サイリウム、セントジョンズワート、セージ、ネトル、タンポポ、バナバ、ノニ、ラベンダー。

消炎作用や抗炎症作用のある食材

アケビ、アンズ、アズキ、キク、ウド、ニンニク、ハクサイ、キャベツ、トウモロコシ、ホンシメジ。

鎮痛作用のある食材

カリン、ナツメ、ソバ、ハトムギ。

以上の食材やハーブは、ぎっくり腰の痛みを抑える効果が期待できます。

こちらのマニュアルは、自分で腰痛などを治せるストレッチの方法です。食事療法をあわせて行うと効果は高くなります。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★