ぎっくり腰

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★

ぎっくり腰の治療方法エントリー一覧

ぎっくり腰の湿布薬

ぎっくり腰を発症してから二〜三日間は、腰と周辺を湿布薬などで冷やすことがおすすめです。湿布薬で冷やすことによって炎症を鎮めることができるからです。ぎっくり腰の症状にもよりますが、湿布薬を使用するのはおすすめです。冷感タイプの湿布薬ぎっくり腰の痛みがまだ激しくて冷却している間は、湿布薬ももちろん冷感タ...

続きを読む

ぎっくり腰の内服薬

ぎっくり腰の治療では、症状によって鎮痛作用、抗炎症作用、消炎作用、筋弛緩作用、解熱作用のある内服薬が処方されます。ぎっくり腰治療に効果のある代表的な処方薬には、次のようなものがあります。ステロイド性消炎鎮痛薬【具体的な内服薬】ロキソニン、モービック、ボルタレン、ナボールSR。非ステロイド性消炎鎮痛薬...

続きを読む

ぎっくり腰の手術

ぎっくり腰は急性腰痛症ととらえることもできます。急性腰痛症は急激な炎症による腰痛ですので、ぎっくり腰の治療では原則的に手術をすることはあり得ません。しかし、ぎっくり腰と同様の激しい痛みが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性脊椎症を原因として起こることがあります。こういった症状を発症している場合は、...

続きを読む

ぎっくり腰を病院で治療するかの判断

ぎっくり腰になったとき、病院での治療を受けるかどうかの判断に迷う場合もあります。突然の激痛に襲われて本人も周囲の人も驚いてしまうぎっくり腰です。ですが、治療法としては安静がいちばんになります。実際、ぎっくり腰の炎症が引けば、特に病院で治療をしなくても自然に完治します。けれども、ぎっくり腰になり、つら...

続きを読む

ぎっくり腰を整形外科で治療

ぎっくり腰になったときに病院へ行くとしたら、まずは整形外科か、整形外科の専門医のいる病院がおすすめです。整形外科では、診察は、詳細な問診から始まります。整形外科での問診では、ぎっくり腰になった状況から、その後の治療経過を聞かれます。また、それまでの生活の状態や仕事の内容、または他に病気があるかないか...

続きを読む

ぎっくり腰の整体治療

ぎっくり腰になったときには、最低3日間は安静にして、最初の激痛が落ち着いたなら、整体治療を受けることがよいでしょう。整体でのぎっくり腰治療は、腰椎周辺で炎症を起こしダメージを受けている部分だけでなく、腰を含めた全身の骨格や脊椎、関節、筋肉、腱のすべてを確認し、歪みやズレがないかどうかを入念にチェック...

続きを読む

ぎっくり腰の鍼灸治療

ぎっくり腰になったときは、最初の衝撃的な激痛が最も苦しいときで、三日くらい経つと冷却によって炎症も鎮静化してきます。ぎっくり腰の症状が良くなった頃に、鍼灸治療を受けることもおすすめです。鍼灸治療では、ぎっくり腰によって炎症を起こした腰の周辺以外も診ていきます。鍼灸の治療では、腰の痛みを発症している経...

続きを読む

ぎっくり腰を接骨院で治療

ぎっくり腰で接骨院を利用する場合、初期の炎症を鎮めるためではなく、ぎっくり腰の症状がおさまり、回復期における補助的な治療としてたほうがいいでしょう。接骨院でぎっくり腰の治療を受ける場合、再発防止に利用するほうが効果が期待できます。もしも、ぎっくり腰になってから、1〜3日の間に安静治療をしていても、激...

続きを読む

ぎっくり腰のカイロプラクティック療法

カイロプラクティックでのぎっくり腰治療は、痛みを解消させるというよりも、ぎっくり腰になりにくい体質改善と考えた方がよいでしょう。カイロプラクティックでは、ぎっくり腰もそうですが、身体の中枢であり要となっている脊椎(背骨)に注目します。背骨(脊椎)が歪んでいると、病気の発症、身体の不調や異常が起きると...

続きを読む