ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療について

当サイト「ぎっくり腰の治療・原因・症状〜腰救急隊」では、ぎっくり腰の治療や症状・原因・症状などぎっくり腰に関する情報をお届けしています。
ぎっくり腰はある日突然起きる腰痛の一つですが筋肉の老化も原因になっています。

ぎっくり腰の治療・原因・症状〜腰救急隊

ぎっくり腰とは正式な疾患名称を「急性腰痛症」といい、腰椎と周辺の靱帯や筋肉に負担がかかり、断裂・損傷した症状をいいます。
重たい物の運搬や無理な動作で、瞬間的に過度の負荷が腰にかかり、ダメージを受けた部分が炎症を起こしぎっくり腰となります。

ぎっくり腰の治療では、まず症状を発症した直後は急に体を動かさないで安静にして応急処置を取ることが望ましくなります。

ぎっくり腰になったらまず患部を保護して冷やすなどの応急処置を行います。
そうして立ち上がって動けるようになったら、ぎっくり腰の治療ができる整体外科や接骨院、また鍼灸院へ連れて行き、適切な治療を受けるようにします。

ぎっくり腰を治療するには、外科医では湿布薬などの保存療法のほかに、内服薬による薬物治療、または外科手術による治療法もありますが、おすすめなのはストレッチによる治療法です。

整体や鍼灸、カイロプラクティックでの治療法もありますが、ぎっくり腰は腰周辺の筋肉の衰えに原因が多くなっていますので、ストレッチで大腰筋や腸腰筋を鍛錬するのがもっともおすすめできるぎっくり腰の治療法になります。

ぎっくり腰の予防、腰痛・ヘルニアを自分で治せる新しい治療法はこちら

ぎっくり腰の症状の特徴

ぎっくり腰の治療・原因・症状〜腰救急隊

ぎっくり腰になると、傷めた筋肉が広範囲に及んだり、体重が重たい場合は、痛みが酷くなり、じっとしていられないくらいの痛みに襲われることもあります。

そして、最初の痛みが収まっても、離れた顔や首、手足の指先を動かすだけでも、腰に激痛が走る症状が出ることがあります。
そうなると、体を身動き一つもできなくなります。

ですのでぎっくり腰の治療では、発症した直後と、その後が肝心になってきます。
大抵は数日後に痛みはなくなりますが、しかし再発を繰り返すことがあります。
ですので、ぎっくり腰治療では、再発を予防するために、大腰筋や腸腰筋のトレーニングがおすすめになるわけです。

激痛に襲われるぎっくり腰

ところでぎっくり腰は、炎症の発症が急激で「ぎくっ」と音がするほどの衝撃と激痛を伴うことから「ぎっくり腰」と呼ばれるようになっています。地方によっては「びっくり腰」や「大腰」といった言い方をするほどです。

ドイツヨーロッパの国々ではぎっくり腰のことを「魔女の一撃」や「巨人のアタック」と呼び、世界各地で似たような言葉で表現されているのは、この症状の瞬間的で激しい痛みをよくあらわしています。

大の大人も悲鳴をあげる激痛に襲われるぎっくり腰ですので、適切な治療だけでなく、日頃から予防を心がけて健康管理をしてまいりましょう。

「ぎっくり腰の治療・原因・症状〜腰救急隊」サイトでは、皆さまの健康とぎっくり腰の治療と予防に役立つ情報をお届けしています。

★自宅で独りでも治せる〜ぎっくり腰・腰痛・ヘルニア ストレッチ体操★